男とか若いとか関係ない、肌を保湿しろ

生活

今回はタイトルが英語の和訳っぽいです。

この記事の目的

この記事は、「容姿への投資に興味がない人、なにをしたら良いか分からない人」が「試しに肌の保湿から手を付けてみよう、みたいになる」ことを目的に書いています。

自分自身への投資

突然ですが、自分自身への投資というものがあります。

前回から引き続いて投資の話っぽくなってますが今回は違う話で、自分自身への投資の例を挙げると

知識・技術のための投資

休養のための投資

健康のための投資

娯楽のための投資

容姿のための投資

挙げるとキリが無いのですが、様々なことで自分自身に投資することができます。

ここで言う投資というのは「(自分自身のために)金銭的または時間的なコストをかけることで何かしらのリターンが見込めるもの」という話です。

例えば、「休日に一日ドライブしてリフレッシュした」という例だと「休日という一日自由な時間」をかけて「気分のリフレッシュ」を得ているというような感じです。

自分が見落としていた「投資」:容姿

私は以前まで頭が固く「自分自身への投資」というのは、新たな知識や技術を身に付ける勉強か、パフォーマンスが向上するための休息くらいしか考えていませんでした。

要するに容姿への投資を全くしてきませんでした。

それはひどいもので、「服を買わない」「髪をちゃんとしたところで切らない」「靴は運動靴」「ひげは放置」…etc みたいな感じでした。

この考えの根本にあるものは「自分が産み出して形にした成果以外には価値がない」というものでした。

やっち
やっち

多分理系の学生とかこんな感じの人が多いんじゃないかなって思っています。

しかし、年をとるにつれて世界が広がることでなんとなくですが、容姿に投資している人間は好印象だし人生がなんとなく有利に進むことがなんとなく分かってきました。

ビジネスが〜〜〜〜〜みたいな話に確実に絡んでくるからです。

学生のときはほとんど気が付きませんでした。

容姿への投資の一歩

じゃあ明日からお前は容姿に投資しまくれ!!!!っていう話をしたいですが、おそらく無理です。

やっち
やっち

多分これを学生時代の自分に言っても何もしなかったと思います

ぶっちゃけ髪や服は高いしだるい….それはそうです。

しかし、一歩踏み出して習慣化されると不思議なことに、次はこれもやってみようみたいな感じになって価値観や行動が変わります

要するに「低コスト取り組める」、「習慣化しやすい」、「成果がわかりやすい」といいうことが投資の第一歩としては最高だと言えます。

そこでおすすめな容姿への投資の一歩が、タイトルの通り「肌を保湿すること」です。

肌の保湿でやること

やることは簡単です。

シャワー or 風呂の後に化粧水やクリームなどの保湿できるものを顔や体に塗ること

これだけです。

やっち
やっち

シャワーすら浴びてない人は論外なのでそこからやってください

塗るものはほんとになんでもいいです。

最初はドンキに売ってる肌ラボのくっそやすい化粧水をつけていました。


【2018年秋発売】肌ラボ 極潤プレミアム ヒアルロン酸クリーム 5種ヒアルロン酸配合×オイルカプセル型ヒアルロン酸配合 50g

これでも習慣化するだけでまじで世界が変わります。

普段から肌に気を使っている方が聞いたら「もっとちゃんとしたやつ使えよwwww」って思うかもしれませんが、入り口としてはこれで十分だと思っています。

保湿と聞くとただの保湿なんですが、実際のところ色々変わりました。

私個人の感想ですが、変わったこととしては

肌の弾力が出てきた

ひげを剃りやすくなった

顔の油が減った

顔にニキビができにくくなった

とかがあります。なんというか世界が変わります。

やっち
やっち

これを習慣化してヒゲ脱毛に行ったときのカウンセリングで、お姉さんに「肌を保湿してます」って言ったらめっちゃ褒められました。

※多分近いうちにヒゲ脱毛についての記事も書くかも

この習慣が起点となって衣類や髪なんかにも投資しようと思えるようになりました。

これを読んだあなたも少しは興味をもって頂けたら嬉しいです。

終わりに

私の容姿に関する目標は「おじさんになったときに20代と間違えられる」ことと「年頃の娘ができたときに二人で出かけても恥ずかしくない人間になる」ことです。

おそらくですが、容姿が良くて損することはあんまりない気がしています。

最近はブスが売りの芸人さんでも肌や歯とか綺麗ですしね。

やっち
やっち

とはいえ、私自身エンジニアなので顔や印象で売っていく人間ではありません。しかし、会社の社員紹介とかに選ばれたら少しでも恥ずかしくないようにしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました